文法参考書レビュー「TOEICテスト650点突破!文法講義の実況中継」

pencil-101

TOEICテスト650点突破!文法講義の実況中継

以前、TOEICの文法書をamazonで探していたところ、ランキング上位にあったので、本屋で中身を見て買いました。とてもよくできたTOEIC文法書だと思います。

本書は、単なる問題集ではなく、講義形式で展開されるTOEIC文法の参考書です。本のタイトルにもありますようにまさにライブ感のある「文法講義の実況中継」です。著者の長本さんの独特の語り口で、TOEICの文法で押さえておかなければいけない重要ポイントやあいまいに理解しているところ・急所をズバリ突いてきます。

例題・問題で使用されている単語は、長本さん曰く「易しい単語で勉強してもスコア―は上がらない」という理由で、単語のレベルは落とさずにTOEICに出そうなものがちりばめられています。TOEICを初期のころから受験され、長年の研究の成果が凝縮されているだけあって、その内容・洞察の深さは他のTOEICの文法書と比べても最上クラスだと思います。

本書の最大のメリット

本書の最大のメリットは、受験英語・学校英語の文法知識とTOEICで要求される文法知識の違いを理解させてくれることだと思います。中学から高校を経て大学受験対策までで学んだ文法知識の中から、TOEICで必要とされるものが絞り込めるようになります。「TOEICで重要で必要とされる文法知識とは何か?」がきっと見えてきます。

高校時代に難解な文法知識を学んだ方は、TOEICではその多くが不要であることに気づくと思います。TOEIC対策に関しては、大学受験用の文法書に戻るより、本書をやったほうがはるかに効率的です。

本書の構成

TOEICの文法で最も重要な品詞の説明から始まり、5文型、数量詞、時制、助動詞、受動態と能動態、仮定法、動名詞と不定詞、接続関連、比較など、ほぼ重要と思われる順番で質の高い例文・問題文とともに文法事項が説明されています。TOEICで要求される重要な文法知識はほとんどカバーされているといってもいいでしょう。

個人的にもっともためになったのは、時制における現在完了の説明です。これまで過去形と現在完了を厳密に区別することなく、何となく使っていましたが、本書を読んで、はじめて理解することができました。

TOEIC700点、800点以上を目指す方にもおすすめ

「650点突破」となっていますが、700点、800点以上を目指す方にとってもためになる内容が満載です。大学受験まで英語を勉強して基礎力のある方が、TOEICのスコア(特にリーディングのPART5など)が伸び悩んでいるのであれば、本屋で立ち読みしてみることをお勧めいたします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です