知らない単語でもあきらめるな!TOEIC文法問題で絶対知っておくべき語尾のルールは?

airport01

TOEICの文法問題で知らない単語が選択肢に出てきたらあきらめるか?あるいは、あるルールに従って単語の品詞を推測するか?ちょっとした知識がスコアを押し上げるきっかけになります。

TOEICが好きな品詞の文法問題

TOEICのPART5には品詞の文法問題が多く出題されます。品詞の文法問題とは、同じようなスペルの単語が並んだ4つの選択肢(名詞、形容詞、副詞、動詞など)から適切な品詞を選ぶ問題です。

(例)品詞の文法問題では、選択肢が、

(A)create (B)creation (C)creative (D)creating

のように似たつづりになっています。

*(A)create(動詞) (B)creation(名詞) (C)creative(形容詞) (D)creating(動詞ing形)

TOEIC文法問題の中で品詞に関するものは公開試験で毎回10~12問出題され、PART5の中でかなりの割合を占めます。

しかもこうした品詞の問題は、解くコツさえ覚えれば、正確に、しかも速く解くことができるようになります。TOEICのリーディング対策の中では優先度が高い項目になります。

さて、こうしたTOEICの品詞の文法問題を解くうえで、重要なのが、

知らない単語が出た場合、その単語の語尾から品詞を推測することです。

単語の語尾って何?

英単語は、単語の後ろ(語尾)を変化させることで、さまざまな品詞(名詞とか、形容詞、副詞など)を作ることができます。

例えば、agree(同意する)という動詞。この単語の語尾が変化して次のような単語(派生語)があります。

語尾にmentをつけて、agreement(名詞:同意)。

語尾にableをつけて、agreeable(形容詞:好ましい、快適な)。

-mentが名詞特有の語尾、-ableは形容詞特有の語尾です。

このように、名詞、形容詞、副詞にはある程度決まったパターンの語尾があり、それを知っておけば、品詞がほぼ特定できるという大きなメリットがあります。

なんとなくわかっていたが、これまであまり意識していなかった方はここできっちり基本ルールを覚えておくのがいいでしょう。

難しめの単語でも品詞を推測できる

(A)  accommodation

(B)  accommodative

(C)  accommodate

(D)  accommodated

TOEICでやや難易度の高い単語(意味は後述)ですが、何の品詞かわかるでしょうか?

(A) は、tionで終わるから名詞、(B)は-tiveで終わるから形容詞(少ないが名詞もある)であることがわかりましたでしょうか?

(C)(D)をみて、(D)に-edがついているので、動詞の過去または過去分詞形かがわかり、-edのない(C)が動詞の原形かなと、あたりをつけられます。

品詞問題は、空所の前後を見ればどの品詞が入るかほぼ特定できますので、単語の意味が分からなくても、語尾から判断して適切な品詞を選べば答えられます。(*品詞問題の解き方については別の機会に詳しく書きます。)

  • accommodation(名詞:収容施設、宿泊施設)
  • accommodate(動詞:収容できる)
  • accommodative (協調的な)

では、よくある名詞、形容詞、副詞の語尾のパターンについて次のようなリストにしました。

名詞 語尾の代表パターン(TOEICに出やすい英単語)

【-ance】:  acceptance(受諾、採用)、maintenance(保守点検)

【-ant】: applicant(応募者)、accountant(経理担当者、会計士)

*important(重要な)のような形容詞もありますが、TOEICでは人に関連した名詞が多く出ます。

【-cy】: emergency(緊急事態)、currency(通貨)

【-ment】: department(部、課)、shipment(荷物、発送)

【-ness】: business(ビジネス、会社)、fitness(健康)

【-sis】: emphasis(強調)、analysis(分析)

【-sion】: expansion(拡大)、session(委員会、期間)

【-tion】: installation(設置)、relation(関係)

【-ty】: activity(活動)、property(財産、所有物)

 

形容詞 語尾の代表パターン(TOEICに出やすい英単語)

【-ble】: available(手に入る)、responsible(責任のある)

【-cal】: technical(産業技術の、技術系の)、mechanical(機械の)

【-cial】: commercial(商業の)、financial(財務・財政の)

【-ful】: careful(慎重な)、successful(成功している)、

【-ic】:  economic(経済の)、domestic(国内の)

*  fabric(織物、布)のような名詞もある。

【-nal】: personal(個人の)、additional(追加の)

【-ous】: various(さまざまな)、previous(以前の)

【-tial】: essential(必須の)、residential(居住の{きょじゅう})

【-tive】: effective(効果的な)、competitive(競争の)

* representative(代表者)のような名詞もある。

 

副詞 語尾の代表パターン(TOEICに出やすい英単語)

【-ly】:frequently(しばしば)、monthly(毎月)

*語尾で見分けるという点で副詞が一番簡単です。

 

まとめ

TOEIC PART5の品詞の文法問題を解くのに欠かせないのが、この語尾に関する知識です。あいまいな部分、知らない語尾があったら、今一度見直してみましょう。

品詞の文法問題においては、単語自体がわからなくても高い確率で語尾から品詞の種類を特定できます。品詞の文法問題は、空所の前後からどの品詞が適切かだいたいわかります。

そこに入る品詞が分かれば、問題文の意味を考えることなく、答えを見つけることができます。

品詞の文法問題の詳しい解き方は、改めて公開いたしますのでしばしお待ちください。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です