TOEIC公式問題集からFlashcards DELUXEを使って単語帳アプリを作る方法

公開日: : 最終更新日:2014/02/24 英単語

compass01

TOEIC単語のアプリを無料、有料を含めていろいろ探しましたが、「これぞ!」といったものが見つかりませんでした。一番の不満は、自らが考えるTOEICの傾向にあった重要単語・語彙が十分に入っていないということです。

それなら、単語帳のアプリに自分で単語リストを入れてしまおうというのが今回のエントリーの趣旨です。例えば、TOEIC新公式問題集の単語を抜き出したTOEIC単語アプリがあれば、かなり使えるのではないかと思います。というわけで、実際に作ってみました。

Flashcards DELUXEを使う

単語帳として使えるものをネットで調べて、よさそうなものを2つ見つけました。

(1) Flashcards DELUXE

flashcards-deluxe

http://orangeorapple.com/Flashcards/
※Power1000さんのサイトに詳しい情報があります。
Flashcards Deluxe日本語解説

(2) Anki / AnkiDroid(アンキドロイド)

ankidroid

http://ankisrs.net/
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.ichi2.anki

(2)のandroid版は無料ですがiPhoneのアプリが2500円(2014年1月現在)と高価なので、(1)のFlashcards DELUXE(Android:350円、iPhone:400円【2014年1月現在】)を今回選定しました。

【無料版で評価】

Flashcards DELUXEには、機能を限定した無料版があります。

無料版のFlashcards DELUXE Lite:
登録Deck数【単語帳1冊に該当】はひとつのDeckの最大カード数は6枚

使いやすさなど動作確認はできますので、お試しください。

※製品版およびLite版のメニューはすべて英語です。Lite版でメニューなどの使い勝手を確認してから購入された方がいいでしょう。

Lite版によるチュートリアルがPower1000さんのサイトに詳しく書かれてありますのでご参考願います。

単語帳の機能と条件

Flashcards DELUXEは多機能で、いろいろなものを付け加えられます。しかし、機能や情報を加えれば加えるほど複雑になるので最小限の機能でシンプルなものを目指すことにしました。

具体的な条件

  • 表面は英単語、裏面に日本語の意味。紙の単語帳と同じイメージです。
  • 表面の英単語には、発音が確認できるようにする。テキストを用意するだけで発音を組み込めます。TTS機能(Text to speech)というのがそれであり、すごく便利です。紙の単語帳では実現できない機能です。
  • ひとつの単語帳を100~200語ぐらいまでにする(500語とか1000語をひとつの単語帳にいれない、1000語の場合は、5~10個に分割する)。例えばTOEIC新公式問題集でひとつのPARTの単語を1セットの単語集とする。

 

Flashcards DELUXE導入手順

※iPhone版で説明いたします。

1. App Storeで「Flashcards DELUXE」(有料)を検索、ダウンロードしてインストールします。

itune-flashcards

2. アプリケーションを立ち上げます。

flashcards-deluxe-002
Decksというのは、ひとつの単語帳(単語カードのカタマリ)のような意味です。初期状態では「Introduction」というDeck(デッキ)が入っています。

※Power1000さんのLite版によるチュートリアルを見ながら操作を試してみてください。

3. 単語リストを用意する。

ここでいったんアプリから離れて、どのようにして単語リストを準備するかについて書きたいと思います。アプリから直接入力する方法もありますが、手間がかかるのでPC上で作成したものを取り入れる方法を説明いたします。

【カードの仕様】

(例)カードの表に英単語、裏に日本語を表示するデッキの作成

・使用アプリケーション/ソフト

テキスト入力できるアプリケーション・ソフトを使用。
Windows  メモ帳など
Mac テキストエディットなど

・フォーマットに従ってデッキデータを入力します。

英単語と日本語をTab(タブ)で区切り、Enter or Return(Mac)キーで改行して追加していきます。

基本フォーマット:
英単語1 [タブ]日本語1[改行]
英単語2 [タブ]日本語2[改行]
英単語3 [タブ]日本語3[改行]

これが基本フォーマットとなります。このフォーマットに従った単語帳例として、下記のようなものを用意しました。(TOEICっぽい単語を3つです)

・・・
appointment 予約
article 記事
equipment 設備、備品
・・・

※念のため、作ったリストはファイルで万が一の場合に備えて、保存しておくのがいいでしょう。

4. 単語リストをアプリに読み込む

アプリへのリストの読み込みですが、いくつかの方法の中から最も簡単なものを紹介いたします。

他の読み込み方法は、Power1000さんの記事を参照願います
iTunesからの読み込み
Googleドライブ(旧Googleドキュメント)からの読み込み
Dropboxからの読み込み

4-1. 以下のアプリのサイトにテキストをアップロードして、そこから直接取り込む方法。

http://orangeorapple.com/Flashcards/

アップロードページ
http://orangeorapple.com/Flashcards/Upload.aspx
upload001

4-2. 用意した単語のリストを「Flashcards Text」に貼りつける。

upload002

4-3. 「Deck Code」に 半角英数字スペースなしで(例 toeicdecksample)記入。

オプションの記入箇所、Deck Name(optional)いわゆる単語帳の名前と書かれているところはあとで変更できるので、空欄にしておいてもOKです。
upload003

4-3. 「Upload Flashcards」ボタンを押します(タップします)。

これでアップロード完了です。
*注)アップロードしたDeckは永久に保存されるようではないのでバックアップをしたほうがいいでしょう。

4-4. アプリを立ち上げて右上の「+」を押します(タップします)。

flashcards-deluxe-002

4-5. 「Private Deck」を押します(タップします)。

flashcards-deluxe-003

4-6. 「Deck Code」を押します。

flashcards-deluxe-004

4-7. 先ほどアップロードしたDeck Codeを入力します(例:toeicdecsample)。

flashcards-deluxe-005

4-8. 「Download Cards」を押します。

flashcards-deluxe-006

4-9. Decksのなかに読み込んだ「Toeicdecksample」が表示されています。これを押して(タップして)スタートします。

flashcards-deluxe-007

4-10. 先ほど入れたリストの1番目の英単語が表示されます。

flashcards-deluxe-008

4-11. 画面を押す(タップする)を裏面の日本語が表示されます。

flashcards-deluxe-009

4-12. ひとつのカードに対して、次に行く前に、3つのステータスをつけます。

・知っている(correct)場合
右にスワイプ(画面を指で右方向になぞる)

・知らない(wrong)場合、
下にスワイプ(画面を指で下方向になぞる)

・完璧に知っている(strongly correct)場合、
上にスワイプ(画面を指で上方向になぞる)

4-13. 次のカードの表裏です。

flashcards-deluxe-010
flashcards-deluxe-011

4-14. 3枚目(最後)のカードです。

flashcards-deluxe-012
flashcards-deluxe-013

4-15. 一通り終わるとスコア画面が表示されます。左上の矢印を押すとDeck(デッキ)の一覧画面に戻ります。

flashcards-deluxe-014

5 音声ファイルのダウンロード:TTS(Text to speech、スピーチ)機能の活用

ここまでで用意した単語リストは、ただ単なるテキストだけでした。TTS(Text to speech、スピーチ)機能をこのリストに反映させることで、英単語に音声ファイルを簡単に組み込むことできます。とてもすばらしく、役に立つ機能です。

具体的には、表面の英単語の下にボタンをつけて、それを押すと英単語を読み上げてくれます。

先ほど読み込んだデッキ「toeicdecksample」に音声ファイルを追加します。

5-1. デッキ(Decks)画面で右上の「Edit」を押します。

flashcards-deluxe-024

5-2. 対象となるデッキ「toeicdecksample」を選択します。

flashcards-deluxe-023

5-3. 下の方にある「Text to Speech(TSS)」を選択します。

flashcards-deluxe-017

5-4. TTS Voiceの「Voice1」が英単語、 「Voice2」が日本語に相当します。まずは、「Voice1」を選択します。

flashcards-deluxe-018

5-5. 「English(Female)」を選択します。

お好みで 「English(male)」や「English(UK)」でもOKです。
flashcards-deluxe-019

5-6. 左上の「<」で前の画面に戻ります。「Voice1」のところに「English(Female)」が入っているのがわかります。

flashcards-deluxe-027
※日本語の読み上げは必要ないかもしれませんが、同じような手順で「Voice2」にJapanese(日本語)を入れてみましょう。

5-7. 「Download Sound」を押して、音声ファイルを取り込みます。終了すると「Done」が表示され「Ok」を押します。

flashcards-deluxe-021
flashcards-deluxe-022

5-8. 左上の「<」で前の画面に戻ります。

flashcards-deluxe-017

5-9. 右上の「Done」を押します。

flashcards-deluxe-023

5-10. 次に音声が入っているか確認しましょう。「Toeicdecksample」を選択します。

flashcards-deluxe-024

5-11. 単語の下に三角の再生ボタンがあります。これを押して音声を確認してください。

flashcards-deluxe-025

flashcards-deluxe-026
以上がTTS機能の簡単な組み込み方になります。

6. Flashcards DELUXEの使い方

Flashcards DELUXEは多機能で様々なカスタマイズができます。今回は必要最小限やったほうがいい、知っていたほうがいい機能についてのみ絞って説明いたします。

6-1 学習モードの切り替え

右上の「Edit」を押して(タップして)、編集するデッキを選択します。
flashcards-deluxe-023

(1)Ordered

初期設定で、ひとつのデッキのカード全数がカードの順番通り出題されます。
flashcards-deluxe-028

(2)Ramdom

「Card Order」を押すと(タップ)モード選択画面になります。そこで「Ramdom」を選択。
flashcards-deluxe-029

ひとつのデッキのカード全数がカードランダムで出題されます。

(1)または(2)で学習する場合、わかりきった単語、知っている単語を繰り返すのは効率が悪いので、「間違えたカードだけを学習後に繰り返して表示する(Repeat Missed)」というオプションをオンにするのがいいでしょう。初期設定では、オフになっています。

A. 右上の「歯車」アイコンを押す(タップする)
flashcards-deluxe-025
B. 「Repeat Missed」を押す(タップする)
flashcards-deluxe-028
C. 「Yes」を選択して、左上の「<」で戻る。
flashcards-deluxe-030
D. 右上の「Done」を選択する。
flashcards-deluxe-033

(3)Short Term Goal / Leitner

flashcards-deluxe-031
間違えたカードは多くテストされるモード。1回につき10問(初期設定値)のセットで出題される。数週間後のテストに向けた学習に適している。(短期記憶向け)

※右下に表示される「streak」は、連続して正解した数。数字が多ければ多いほど定着の度合いが高いと言える。間違えるとリセットされゼロに戻る。

(4)Spaced Repetition

flashcards-deluxe-032
学習時刻を記録し、その復習間隔をだんだん広げていくことで効率良く記憶する方法。長期記憶に適したモード。学習ペースはアプリ側で自動設定されます。正解の回数の多い単語ほど、次の復習する間隔が長くなります。

知っている単語の復習間隔は長く、知らない、あるいは間違えた単語は復習間隔が短くなるので効率的に覚えられます。

これが、おそらく一番単語学習に適したモードでしょう。自分でも試してみる予定です。

まとめ

TOEIC単語用アプリをできるだけ簡単に導入できるようにまとめてみましたがいかがでしたでしょうか? すでにエクセルで単語を抜き出している方は、リストのフォーマットに合わせれば、すぐに始められるでしょう。

今回は、英単語と日本語訳のシンプルな単語集でしたが、Flashcards DELUXEでは、英単語だけでなく、例文や画像、オリジナルの音声ファイルを組み込むこともできます。また4択問題の機能もあります。興味のある方は、試してみる価値ありですね。

こちらでも、このアプリの効果を検証するためにSpaced Repetitionモードで知らない単語を覚えてみようと計画しています。またブログで公開いたしますのでよろしくお願いいたします。

ad



独学で勉強が続かない方へ全国対応スカイプTOEIC新コース追加|『【宿題形式】最短TOEICスコアアップコース』。無料体験レッスンあります!

関連記事

puzzle01

使えるTOEIC単語アプリ(有料)はどれか?TOEIC990点満点ホルダーがレビュー・検証

前回調査した無料TOEIC単語アプリでは適当なものが見つかりませんでした。掲載した以外にもいくつ

記事を読む

book-001

TOEIC単語問題集レビュー「新TOEIC(R)TEST 単語特急」

新TOEIC(R)TEST 単語特急 TOEICの傾向をとらえた、PART5形式の問題

記事を読む

mikan-01

1日1000語覚える!圧倒的に一番速く覚えられる英単語アプリ「mikan」は本物か!? TOEICに使える??

mikanのTOEICカテゴリに挑戦 単語を覚えるのは正直苦痛です。できれば避けて通りたいとこ

記事を読む

globe01

TOEICの英単語・語彙対策で絶対意識すべきコロケーションとは?

単語や語彙を一生懸命覚えているんだが、TOEICの単語・語彙問題が解けるようにならない。覚えても

記事を読む

color-message01

知っている簡単な英単語の落とし穴!TOEICでは別の意味で出るので要注意

簡単な単語でも、あなたの知っている意味と異なれば、英文を理解することができません。 英

記事を読む

office-001

使える無料TOEIC単語アプリはどれか?TOEIC990点満点ホルダーがレビュー・検証しました

「空き時間を活用してTOEIC単語を覚えるアプリはないか?」 現在指導している方から聞かれ、さっ

記事を読む

design-001

写真で覚えるTOEIC PART1(パート1)の頻出単語!TOEIC新公式問題集Vol4,Vol5の中から選定

TOEICのパート1は写真描写問題です。このパートに出てくる単語は、当然ながら写真と結びつい

記事を読む

green-note

高校・大学受験と同じやり方は非効率!TOEIC英単語の覚え方は?

つい受験時代にやったやり方を思い出して英単語を覚えてしまう。ところが、昔なじんだやりかたでT

記事を読む

currency

【TOEIC800点台から900点を目指す!TOEIC模試トレーニングによる勉強法】 第1回 スコアメイク戦略と模試トレーニングの概要

TOEIC800点台のスコアを獲得されている方は、日本人の中でも「英語がかなりできる人」で過

記事を読む

english001

【TOEIC800点台から900点を目指す!TOEIC模試トレーニングによる勉強法】 最終第5回 TOEIC単語・語彙の傾向と対策およびまとめ

目次 第1回 スコアメイク戦略と模試トレーニングの概要 第2回 TOEICリスニング対策

記事を読む

ad



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ad



  • スカイプTOEIC講座セルフアカデミー

    【スコア優先のTOIEC勉強法】運営者
    セルフアカデミー 今井 直樹

    TOEIC990点満点ホルダー(2012年11月より通算6回達成)。 TOEICのスコアを本気で上げたい方をマンツーマンで徹底指導。 各TOEIC学習者の現状分析と最適な勉強プログラムを日々研究しています。 公開試験を毎回受験し、最新の傾向と対策をフィードバックします。
PAGE TOP ↑