TOEIC PART1対策!PART1頻出単語・フレーズを確実に押さえるのがカギ!

globe-0201
PART1で一番大切なのは、出やすい単語・フレーズを確実に身につけておくことです。写真の中に出てくるものや動作を表現する単語・フレーズを知らないと正解を選ぶことができません。一見やさしそうに見えても取りこぼしがあるのは、この単語・フレーズ不足が主な原因だと考えます。

英語をそれなりに勉強してきた方でも、覚える機会や使う機会のないPART1の頻出単語・フレーズが欠落している可能性があります。10問全問正解を目指すなら抜けている単語・フレーズをマスターすることが必要でしょう。

TOEIC PART1 単語・フレーズ不足に関して2つの重要ポイント

1.知っている簡単な単語ではあるが、TOEICのPART1で使われる意味を瞬時に理解できない。

例えば、wearという動詞があります。中学レベルの簡単な単語なのでほとんどの方は「~を着る」という意味で知っていると思います。このwearを「服を着る」という意味だけで理解していると、A man is wearing glasses.(眼鏡をかける)といったセンテンスで出てきた場合、瞬時に状況が理解できない可能性があります。

別の例としてfaceがあります。これも簡単な単語なのですが、faceを名詞の「顔」という意味だけで覚えていると、They are facing each other.(向き合っている)というセンテンスが出てきた場合瞬時に反応できません。ここでのfaceは動詞で「向き合う」という意味で使われています。

もうひとつ、waterという単語を取り上げましょう。誰もが知っているはずの単語で名詞の「水」ですが、waterが動詞の「水をやる」という意味でA woman is watering plants.という表現で出てくることがあります。この「水をやる」という意味を知っていないと瞬時に判断するのは厳しいかもしれません。

上の例のような簡単な単語でも、その単語を聞いて「PART1で出題される意味」として瞬時にわかるようにしておくことが重要です。

2.写真の中に出てくるものや動作の単語・フレーズを知らない

実は私の場合も、TOEIC対策を本格的に始める905点(リスニング470点)の時点で、PART1に出る可能性のある基本単語を知らないものが意外と多くありました。そのために取りこぼしたものや消去法でどうにか正解を選んだケースが何度もありました。

例えば、知らなかった、あるいは完全に忘れていたものとして次のような単語・フレーズがあります。

  •  railing(手すり)
  •  broom(ほうき)
  •  runway(滑走路)
  •  carriage(馬車、今年の公開試験に出ました)
  •  wheelbarrow(一輪車)
  •  sink(流し台)
  •  utensil(台所用品)
  •  cupboard(食器棚)
  •  pot(深い鍋)
  •  pan(平鍋)
  •  cardboard box(段ボール箱)
  •  cast a shadow(影を落とす)
  •  lean against ~(~に寄り掛かかる)
  •  bedding(寝具類)
  •  suspend(掛ける)*「一時中断する」という意味では知っていたが、wireなどが掛けられるという意味では知らなかった。
  •  scrub(ゴシゴシ洗う)

など

※台所関連の単語は知らないものが多くありました。

TOEIC PART1対策としてどの単語・フレーズを覚えるか?

PART1で出てくる可能性のある単語・フレーズは数の上では多くないので、厳選したテキストを使ってあまり時間をかけないで効率的に覚えることをお勧めします。

では何から手をつければいいかですが、定番のTOEICテスト 新公式問題集(Vol4とVol5、次いでVol3あたり)のPART1に出ている単語、フレーズを確実に覚えることをやるべきでしょう。

TOEIC新公式問題集のVol3,4,5の3冊をやった場合、PART1はトータルで60問あります。この中で知らない単語とフレーズを抜き出して身につけるということが効果的なTOEIC PART1対策と考えます。音として認識できるようにしておかなければなりませんので、移動中に音声ファイルを聞くなどのトレーニングをしておくのが効果的です。

TOEIC新公式問題集を終えてもう少しPART1の単語・フレーズを増やしたい場合は、PART1用の単語・フレーズだけをまとめた形で収録されている単語集を使うというのがいいでしょう。

例えば、「新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ(朝日新聞出版 TEX加藤氏)」の「パート1重要語」という章があります。この章には100語収録されています。

「パート1重要語」に限らずこの単語集はかなりよく作られており、TOEICに出やすい単語を短いフレーズの中で覚えられるようになっています。音声ファイルには、日本語と英語も入っているので、移動中にテキストを見ないで聞くことだけで練習できます。音声ファイルは無料で朝日新聞出版のサイトからダウンロードできます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です